桑園地区健康づくり教室「骨粗しょう症について」

2017年2月28日(火)午後1時30分から、桑園ふれあいセンター大広間で、「健康づくり教室」が開催されました。この「健康づくり教室」は、桑園地区連合女性会、桑園地区連合町内会、桑園地区社会福祉協議会が主催し、中央区役所、桑園まちづくりセンターの協力により、平成4年から毎年1回、様々なテーマで実施しているものです。

今回は、医療の最前線でご活躍され豊富な経験を持つ、市立病院前整形外科クリニック院長の佐久間 隆先生を講師にお迎えし、「骨粗しょう症」をテーマに、その原因や対策、治療法についての説明を受けました。

 

例年より多い約50名もの方が教室に参加し、先生からの骨粗しょう症に関する分かりやすい説明に真剣に聞き入っていました。 最後に、自分の足の「骨密度」(骨の強度)と「足指力」(つまずきやすさ)の測定が行われ、各々が、大きな怪我を防ぐための対策を考える良い機会となりました。