桑園地区古着・スプレー缶回収事業

2016年10月1日(土曜日)15:30から16:30までの間、桑園ふれあいセンター駐車場において、桑園地区連合町内会保健衛生部と札幌市環境局とが共催して、古着やスプレー缶類の無料回収を行いました。

 

当日は、古着の回収業者とスプレー缶類の回収を行う中央清掃事務所のトラックが1台ずつふれあいセンターの駐車場に停車し、1時間限定での回収を行いました。

 

古着(衣類全般)については、洗濯済みのものを透明な袋に入れて持参すればよく、衣替えの季節に、自宅で不要になった古着を持ち込む方々が多く訪れました。また、スプレー缶やカセットボンベについては、通常は穴を開けてゴミステーションに出さなければなりませんが、この日は、穴開け不要で持ち込みが可能であることから、こちらも多くの方々が訪れました。

 1時間という限られた時間ではありましたが、車や自転車、徒歩で古着やスプレー缶類を持ち込んだ地域の皆さんは約100名にのぼり、トラックが一杯になるほどの盛況ぶりでした。