イベント報告

2017年

10月

22日

第29回桑園地区文化祭

2017年10月22日(日曜日)、桑園ふれあいセンターにおいて、桑園地区連合町内会文化部が主催する第29回桑園地区文化祭が開催されました。

ふれあいセンター1階の各部屋では作品展示が行われました。「趣味の作品展」では、日本画、絵手紙、はり絵・ぬり絵、生花、書道作品、手芸品、写真など、地域の方の様々な作品が展示されました。また、「児童作品展」では、桑園小学校、日新小学校、資生館小学校の児童がつくった、数多くの平面作品、立体作品が展示されました。会場を訪れた方は、それぞれの作品の出来ばえに感心しながら真剣に見入っていました。

同じく1階の「喫茶コーナー」では、食生活改善推進員協議会による試食やスターバックスコーヒーイオン札幌桑園店の協力によるコーヒーの試飲が行われ、来場者同士の交流と歓談の場となりました。

一方、2階の体育室で行われた「ステージ発表」では、桑の実会の舞踊を皮切りに、共同学童保育所かがやきの子どもたちによるエイサーの踊りの披露があり、次に出演した札幌市立大学吹奏楽サークル「芸術の森音楽隊」は、少人数の編成ながら親しみのある曲を演奏し会場を盛り上げました。続いて、桑園小学校開放図書館「くわのみ」による、絵本の世界に引き込まれるような読み聞かせの実演があり、小学生によるフラダンス、みんなの音楽愛好会によるキーボード演奏、札幌楽吟会及び札幌岳風会による詩吟と続き、陵北中学校吹奏学部は、どの年代でも楽しめる選曲で会場を沸かせました。さらに、花架拳教室による舞踊、マルベリーコールによるコーラス、最後に再び桑の実会による民謡、カラオケ、詩吟が披露され、観客から大きな拍手を浴びていました。

 

この日は少し肌寒い天候でしたが、子どもからお年寄りまで多くの方が来場し、和やかに楽しく文化に触れる一日となりました。

2017年

10月

22日

第29回桑園地区文化祭(フォト)

2017年

9月

26日

桑園地区交通安全研修会

 2017年9月26日(火)午後2時から、桑園ふれあいセンター大広間で、桑園地区連合町内会交通部主催の「桑園地区交通安全研修会」が開催され、21名の方が参加しました。

札幌市の出前講座を活用し、交通安全担当課長を講師にお招きした研修会では、交通事故死者数の約半数を占める高齢者の事故防止について、「夜間の歩行時には、明るい色の服装や、夜光反射材を身に着けることが重要」というお話しがありました。

また、ドライバーについては、「夜間歩行者を見つけたら、スピードダウンすることやこまめなハイビームへの切り替えが大事」であることや、車の後部座席については、「事故に遭った場合には、車外放出なども起こりうるので、シートベルト着用の習慣付けが必要」などといった興味深いお話しがありました。

 

参加者は、ビデオなどを用いた講師の説明に熱心に耳を傾け、交通事故防止の注意点を改めて認識する有意義な研修会となりました。

2017年

9月

25日

桑園地区ごみの分け方研修会&交流会

2017年9月25日(月)、桑園地区連合町内会保健衛生部が主催する、「桑園地区ごみの分け方研修会&交流会」が桑園ふれあいセンターにおいて開催されました。

この研修会&交流会は、前半は、札幌市の「出前講座」を活用し、札幌市環境局環境事業部中央清掃事務所の職員3名を講師としてお招きし、後半は各町内会での活動などについての発表と交流を行ったもので、当日は、各町内会の保健衛生担当の役員などを中心に17名が参加しました。

研修会では、スプレー缶類、ライターの排出方法の変更についての説明や廃棄ごみ量の減量に向けた効果的な取り組みとして、「雑がみ」と「容器包装プラスチック」の排出方法について、クイズを交えて、確認することができました。参加された皆さんは、スクリーンに写しだされる資料や写真を見ながら、講師の説明に熱心に聞き入っていました。

 

また、研修会の後には、初めての試みとして、各町内会での取り組みについて、意見交換を行い、それぞれの地域に持ち帰り、今後の活動の参考にしたいとの声も上がり、有意義な研修会と交流会となりました。

2017年

9月

23日

第10回桑園地区親睦パークゴルフ大会

2017年9月23日(土・祝)、曇り空で、少し風が強いあいにくのコンディションでしたが、「桑園地区親睦パークゴルフ大会」(主催:桑園地区連合町内会地域振興部)を開催しました。

桑園ふれあいセンターに集合した60名の参加者は送迎バスに乗車して、PGJ倶楽部南幌コースへ向かいました。今年のコースは、100mのロングホールと緩やかな斜面で展開するキララコースと、大きなグリーンデザインとサイドバンカーが特徴のヒルズコースの計36ホールで競技が行われ、参加者たちは苦戦しながらも、心地よい汗をかきながら楽しくプレーすることができました。

 

プレー後は、隣接する『なんぽろ温泉ハート&ハート』に移動し、昼食の後、表彰式を行い、男女別の入賞者、ホールインワン達成者には豪華賞品が、また、残念ながら入賞しなかった参加者にも全員に参加賞が配布されました。その後、出発までの間、歓談や温泉入浴などで親睦を図り、充実した秋の一日を過ごしました。

続きを読む

2017年

9月

20日

桑園地区防災防犯部視察研修

 2017年9月20日(水)、桑園地区連合町内会防災防犯部が主催する、「桑園地区防災防犯部視察研修」が消防局庁舎(中央区南4条西10丁目)において開催されました。

この視察研修では、消防局庁舎内の指令管制センターや中央消防署で所有する消防車両などの見学を行うもので、当日は、各町内会の防災担当の役員などを中心に14名が参加しました。

 

 参加者には、非常食が配布され、「大変参考になった。今後の対応の参考にしたい。」との声があがっていました。

2017年

9月

16日

桑園地区古着等回収事業

 2017年9月16日(土曜日)11:00から12:00までの間、桑園ふれあいセンター駐車場において、桑園地区連合町内会保健衛生部と札幌市環境局とが共催して、古着やくつ、かばん、ぬいぐるみの無料回収を行いました。

当日は、古着等の回収業者のトラックが1台ふれあいセンターの駐車場に停車し、1時間限定での回収を行いました。

古着(衣類全般)、くつ、かばん、ぬいぐるみについては透明な袋に入れて持参すればよく、衣替えの季節に、自宅で不要になった古着を持ち込む方々が多く訪れました。

 

1時間という限られた時間ではありましたが、車や自転車、徒歩で古着やスプレー缶類を持ち込んだ地域の皆さんは約100名にのぼり、トラックが一杯になるほどの盛況ぶりでした。

2017年

9月

10日

第8回ミニ大通お散歩まつりで桑園地区連合町内会をPRしました

2017年9月10日(日)、北4条ミニ大通界隈で開催された「ミニ大通お散歩まつり」(主催:同実行委員会)において、桑園地区連合町内会のPRを行いました。連合町内会がこのおまつりでPRブースを設置するのは今回が6回目になります。

この日は、連町広報部員6名が、行事の写真パネルの展示や、桑園の歴史を記した「桑園誌」の紹介、広報誌「マイタウン桑園」の配布などを行いました。

来場者の中には、桑園の歴史や連町の取組みについて熱心に聞き入る方もおり、私たちが暮らす桑園のことをより深く知るための良い機会となったことでしょう。

 

<第8回ミニ大通お散歩まつりの詳細情報は、以下のリンクをご覧ください>http://mini.bijyu.net/

2017年

9月

03日

第34回桑園地区大運動会

2017年9月3日(日曜日)、「第34回桑園地区大運動会」(主催:桑園地区連合町内会体育部)を開催しました。当日は好天に恵まれ、桑園小学校のグラウンドで運動会を開催することができました。

桑園地区連合町内会の各町内会が、赤組(第1~10・16町内会)、黄組(第11~13町内会)、白組(第14・15・17町内会)、青組(第18町内会)の4つのブロックに分かれ、参加者は個人や団体の計14種目を楽しみながらも真剣に競技し、今年も昨年に続いて白組が優勝しました。

 

競技終了後は、新巻鮭など豪華賞品が当たる抽選会が行われ、当選に歓声が上がっていました。子どもからお年寄りまで約500名が参加し、元気に楽しい一日を過ごしました。

続きを読む

2017年

8月

27日

第25回桑園開拓まつり

 2017年8月27日(日)11時から、桑園地区連合町内会文化部の主催により、北海道知事公館(札幌市中央区北1条西16丁目)の南西に位置する「桑園碑」の前で、「第25回桑園開拓まつり」を開催しました。

明治時代、養蚕を奨励する開拓使は、南1条から北側、西8丁目から西側の地域を桑畑にするため、明治8年に旧庄内藩(今の山形県)士族156人の手によって開墾され、桑苗4万本を植樹されました。これが、「桑園」の由来となっており、この事跡を刻んで建立されたのが桑園碑(石碑)です。

 

桑園地区開拓に貢献された先人への感謝と顕彰、桑園住民の意識高揚、次世代への史実の伝承、住民相互の親睦増進などを図ることを目的に開催されたこのまつりでは、桑園小学校の6年生4名が桑園碑に彫られている陰文を暗唱し、桑園の開拓の歴史を紐解いたほか、参加者(招待者・札幌山形県人会の皆さん・桑園小学校関係者・各町内会役員など150名参加)による献花、献杯が行われました。

2017年

8月

15日

第46回桑園地区盆踊り大会(「ミニ夏まつり」併催)

 2017年8月14日(月)、15日(火)、桑園地区連合町内会地域振興部の主催により、「第46回桑園地区盆踊り大会」を桑園公園で開催しました。

両日とも、15時から「ミニ夏まつり」を併催し、露店では焼きそば、やきとり、冷たい飲み物、かき氷、ヨーヨー、子ども向けのくじなどが販売されたほか、盆踊り開始までの時間には、クリエイティブフレンズや、桑園児童会館の協力による子ども遊びの無料体験コーナーも設けられました。

 

今年は両日とも天候に恵まれ、両日合わせて2,000名が参加する大盛況の盆踊り大会となりました。

2017年

8月

07日

第6回桑園七夕ローソクもらい

2017年8月7日(月)16時から、桑園七夕ローソクもらい実行委員会(連合町内会・各町内会・青少年育成委員会)の主催により、「第6回七夕ローソクもらい」を開催しました。

桑園地区内の5つの公園など(大通高校グラウンド・赤い実公園・桑園公園・桑の実公園・北桑公園)に児童358名のほか、保護者やボランティアを加え、約590名もの参加者が集まり、20のグループに分かれて、それぞれ6~9軒程度の協力宅を訪問しました(協力宅を含めると参加総員約720名)。

協力宅を訪れた児童は、玄関前で提灯とお菓子入れ袋を手に、「ローソク出ーせー出ーせーよ。出ーさーないとーかっちゃくぞー。おーまーけーに喰い付くぞ。」と皆で元気に歌いました。子どもたちの訪問を心待ちにしていた協力宅の皆さんは、思わず笑顔になり、児童一人ひとりにお菓子を配っていました。

 

 日本の伝統的な風習である「七夕ローソクもらい」は、2012年から毎年開催されており、「人の絆」、「地域のつながり」を深め、安心安全な地域につなげる良い機会となっています。

2017年

7月

09日

桑園ふれあい講座・文化見学会

 2017年7月9日(日)、桑園地区連合町内会文化部の主催により、桑園ふれあい講座・文化見学会を開催しました。当日は、54名もの参加者が桑園ふれあいセンターに集合し、バスで登別マリンパークニクスへと向かいました。

登別マリンパークニクスに到着し、それぞれの方がイルカやアシカのショーやさまざまな水生生物の生き生きとした様子を楽しみました。 参加者の皆さんにとって、天候にも恵まれ、素晴らしい一日になりました。

2017年

6月

25日

桑園地区ふれあいレクリエーション

桑園地区ふれあいレクリエーション

                 (ヘルシーウォーキング)

2017年6月25日(日曜日)、桑園地区連合町内会体育部主催の「桑園地区ふれあいレクリエーション(ヘルシーウォーキング)」を開催しました。

今年は、あいにく前日から引き続きの雨で、予定していた小樽海岸自然探勝路『赤岩オタモイ線歩道(オタモイ~赤岩~祝津)』のウォーキングは断念し、当日の朝、集合した参加者に説明を行ったうえで、小樽運河周辺での散策に内容を変更しました。それでも21名の方がバスに乗り込み、小樽へと向かいました。

結局一日、雨模様の天気でしたが、参加者は、それぞれに小樽運河沿いを散策したり、いろいろなお店をのぞいたりしながら、小樽の街並みを満喫していました。

2017年

5月

24日

桑園地区連合町内会総会・懇談会を開催しました

2017年5月24日(水曜日)17時30分から、ロイトン札幌(中央区北1条西11丁目)を会場として桑園地区連合町内会総会を開催しました。

会場には、191名の役員及び代議員が集まり、平成28年度事業報告及び決算、会計監査報告、平成29年度の事業計画及び予算及び役員選任について審議し、すべての議案が承認されました。

 

総会後は、山本 健晴 中央区市民部長、大木 敬治 地域振興課長らを来賓としてお招きした懇親会を開催し、地域に住む方々相互の交流を深めました。

続きを読む

2017年

3月

20日

桑園地域交流センター完成記念行事

2017年3月20日(月・祝)午前10時から、「桑園地域交流センター」の完成見学会と記念式典が行われ、地域住民や関係者など約60人が出席し、地域の新たな活動拠点の完成を祝いました。

 

「桑園地域交流センター」は、人口の増加が続き、地域活動の拠点が不足している桑園地区の現状を解消し、新たな活動の場を提供することで、住民同士の交流を促すとともに、生きがいの創出や安全・安心なまちづくりの活動につなげることを目的に、北4条西15丁目の北5条通ビル4階を改装して整備されました。 

続きを読む

2017年

2月

28日

桑園地区健康づくり教室「骨粗しょう症について」

2017年2月28日(火)午後1時30分から、桑園ふれあいセンター大広間で、「健康づくり教室」が開催されました。この「健康づくり教室」は、桑園地区連合女性会、桑園地区連合町内会、桑園地区社会福祉協議会が主催し、中央区役所、桑園まちづくりセンターの協力により、平成4年から毎年1回、様々なテーマで実施しているものです。

今回は、医療の最前線でご活躍され豊富な経験を持つ、市立病院前整形外科クリニック院長の佐久間 隆先生を講師にお迎えし、「骨粗しょう症」をテーマに、その原因や対策、治療法についての説明を受けました。

 

例年より多い約50名もの方が教室に参加し、先生からの骨粗しょう症に関する分かりやすい説明に真剣に聞き入っていました。 最後に、自分の足の「骨密度」(骨の強度)と「足指力」(つまずきやすさ)の測定が行われ、各々が、大きな怪我を防ぐための対策を考える良い機会となりました。

続きを読む

2017年

2月

25日

第7回桑園地区「親子で楽しむ児童劇観劇会」

2017年2月25日(土)午後1時30分から、桑園ふれあいセンター(桑園児童会館)体育室で、「ぐるーぷえるむの森」による児童劇が上演されました。

 この児童劇観劇会は、桑園地区の幼稚園・保育所・児童会館・小児科医院をはじめ、連合町内会、民児協、青少年育成委員会などが構成員となって結成された「桑園地区子育て支援ネットワーク・ささえ隊」が主催したものです。

 

今回の演目「ネコ・ららら」は「ぐるーぷえるむの森」のオリジナルのお話です。「ぐるーぷえるむの森」は、子育てをしていたお母さんたちが1994年に立ち上げた劇団で、「親子に届けたいお母さんの手作り劇」を掲げて数多くのオリジナル劇を上演しています。

 会場には、児童会館の子どもたちや、地域の親子連れなど約100名の観客が集まり、ネコ同士の縄張り争いから友情がうまれていくまでの、変化に富んだストーリーに引き込まれ、次の展開はどうなるのかと真剣な眼差しで見入っていました。

続きを読む

2017年

1月

29日

桑園地区「冬の震災体験」

2017年1月29日(日曜日)、桑園ふれあいセンターで、桑園地区「冬の震災体験」が開催されました。これは、平成7年1月17日に発生した「阪神・淡路大震災」を契機に、厳冬期に大規模な地震による災害が発生した時への備えとして、地域住民の災害対応力や自主防災組織の強化を図ることを目的に、平成10年から毎年、中央区内の各地区連合町内会が順番に実施しているもので、今回は、桑園地区連合町内会(防災防犯部)が主催したものです。

当日は、桑園地区内の各自主防災組織(町内会)の役員をはじめ、中央消防団桑園分団員、中央消防署員ら約50名が参加し、約3時間にわたり、①災害図上訓練(DIG)、②雪山からの救出体験、③防災用品展示が行われました。

  参加者からは、「万一災害が起きた時に、自分がどういう行動をとるべきかを考える良い機会になった。」、「人を助ける時には、住民同士の協力が必要。」などといった声が聞かれ、地域防災力向上の重要性を再認識する一日となりました。

続きを読む

2017年

1月

28日

桑園地区もちつき会

2017年1月28日(土曜日)、桑園ふれあいセンター2階体育室で、「もちつき会」が開催されました。これは桑園地区青少年育成委員会と桑園児童会館子ども運営委員会が主催したもので、当日は約200名もの親子連れが参加しました。

 青少年育成委員による、もちつきのデモンストレーションのあと、参加した子どもたちも実際にもちつきを体験しました。もち米が石臼(いしうす)の中で「おもち」になっていく様子を参加者たちは興味深げに見つめていました。つきあがったおもちは、あん、ごまあん、きなこ、みたらしなど、それぞれが好みの味付けをしておいしくいただきました。

  参加者からは、「杵(きね)が意外と重くて、つくのが難しかった!」、「つきたてのおもちは、やわらかくておいしい!」などの声がありました。今回は、札幌市立大学看護学部の学生13名もボランティアとして手伝ってくださり、家族も地域も一緒になって、笑顔あふれるもちつき会となりました。 

続きを読む

2017年

1月

24日

桑園地区連合町内会新年交礼会

2017年1月24日(火曜日)、桑園地区連合町内会の「新年交礼会」がロイトン札幌で開催されました。これは桑園地区連合町内会の主催で毎年開催されているもので、今年は、各町内会役員、連合町内会役員、来賓など桑園地区の関係者約250名が出席しました。

  山内連合町内会会長、木内中央区長、船橋前衆議院議員、長内連合町内会顧問からの挨拶の後、来賓48名の紹介、桑園地区と姉妹提携を結んでいる鶴岡市第三学区コミュニティ協議会会長や北海道知事からのメッセージ紹介がありました。

  青山中央区市民部長による乾杯で祝宴が始まり、地域の企業や教育機関、各団体の代表者が一同に会し、日頃の活動について情報交換を行うとともに交流を深めることができました。

 交礼会の後半では、余興として出席者によるカラオケの披露があり、会場からは多くの歓声があがり、大いに盛り上がりを見せた会となりました。最後は、関市立札幌病院長の締めでお開きになりました。

続きを読む

2016年

12月

17日

桑園地区歳末パトロール

2016年12月17日(土)、桑園地区連合町内会防災防犯部が主催する、恒例の「歳末パトロール」を実施しました。

 

桑園少年消防クラブを中心に、連合町内会防災防犯部、中央消防団桑園分団、中央消防署桑園出張所、その他桑園地区各町内会の有志の皆さんの総勢約50名が参加し、提灯を手に、「戸締り用心、火の用心!」などと呼びかけながら拍子木を鳴らし、桑園ふれあいセンターの周辺を徒歩で巡回しました。また、巡回の途中、イオン札幌桑園店前やJR桑園駅前で防火に関する啓発ティッシュを通行人に配布しました。

 

この日は穏やかな天候ながら厳しい寒さの中でのパトロールでしたが、参加者たちは元気にパトロールを終えることができました。終了後にふれあいセンター大広間に集まった参加者には、桑園地区連合女性会の方々から手作りの豚汁が、また、桑園地区交通安全母の会の方々からは、飲み物とみかんが振る舞われ、参加者たちはパトロールの感想を語り合いながら、温かい差し入れをおいしくいただき、冷えた体を温めていました。

 

続きを読む

2016年

12月

12日

桑園イルミネステーション2016(ファイナル)

2016年12月12日(月)~25日(日)まで、JR桑園駅前広場の4本の樹木を、13,400個のLED電球からなるイルミネーションで飾り、クリスマスの雰囲気を演出する、「桑園イルミネステーション2016」が行われました。

 

また、イルミネーションの点灯期間に合わせ、JR桑園駅前ロータリーの掲示板に、2007年からこれまでの「イルミネステーションのあゆみ」と、今年のクリスマスポストカードコンテストへの応募作品168点が展示され、JR利用者を中心とした通行人の目を楽しませました。ポストカード応募作品の中から、厳正な審査により、「幼児の部」、「1~3年生の部」、「4~6年生の部」、「中学高校一般の部」の4部門別に、金賞、銀賞、銅賞が選ばれ、賞品が贈呈されました。

 

桑園イルミネステーションは、将来を担う子どもたちを健やかに夢をもって育むことができるように、また、地域・保護者・学校・企業・団体が一体となって、安心・安全なまちづくりを行うことを目的として、地域の保護者によって結成された「桑園イルミネステーション実行委員会(村上和輝実行委員長)」が主催しているもので、今回で10回目の開催となりましたが、今回の実施をもって惜しまれながら終了することとなりました。実行委員の皆さん、長年にわたりお疲れ様でした。

 

 

 

続きを読む

2016年

11月

16日

桑園地区ふれあい講座・スマートフォン講座

2016年11月16日(水)、午後の部(14:00~16:00)と夜間の部(18:00~20:00)との2回に分けて、桑園ふれあいセンター大広間で、桑園地区連合町内会文化部主催の「桑園地区ふれあい講座・スマートフォン講座」が開催されました。当日は、午後の部と夜間の部、合わせて約50名の皆さんが受講しました。

 

桑園地区では、近年のマンション新設により、新しく住民となった方が増えたほか、高齢者も増加しています。このことから、特に地域活動の担い手として期待される高齢者の方に、新たな人的交流の機会を設けようと、平成24年度から毎年度、誰もが気軽に参加できる講座を開催しているもので、今年で5回目の講座となります。

 

これまでは、パソコン教室(入門編)などを開催していましたが、今回は、(株)DeNA(東京)の全面的なご協力により、同社システム本部カスタマーサービス部長を講師にお招きし、最近急速に普及が進んでいるスマートフォン(スマホ)の使い方の講座を初めて実施しました。

 この講座では、一人1台のスマホ(iphone)が全員に貸与され、受講者の皆さんは、スマホの基本的な操作、メッセージアプリ(LINE)でのメッセージやスタンプ・写真の送信、位置情報機能の活用についてなど、スマホの安全な使い方について、講師の説明に沿って実際にスマホを操作し、時には悪戦苦闘しながらも、その便利さに驚いている方が多く見受けられました。また、今回初めて顔を合わせたお隣同士で、スマホの操作を教え合ったりするなど、新たな交流も生まれる講座となりました。

続きを読む

2016年

11月

06日

第31回桑園地区ボウリング大会

2016年11月6日(日)、桑園地区連合町内会体育部の主催による「第31回桑園地区ボウリング大会」がサンコーボウル(西区琴似)で開催されました。

 大会には、小学生のお子さんから91歳までの幅広い年代の71名(男性34名・女性37名)が参加し、2ゲームのスコアを競い合いました。普段からボウリングを楽しんでいる方、久しぶりにボウリングをプレーする方など、レベルは様々でしたが、お互いに声援を送ったり、好プレーが出るとハイタッチをしたりするなど、笑顔があふれる楽しい交流になりました。

続きを読む

2016年

10月

31日

桑園地区交通安全研修会

2016年10月31日(月)午後6時から、桑園ふれあいセンター大広間で、桑園地区連合町内会交通部主催の「桑園地区交通安全研修会」が開催されました。

 

札幌市の出前講座を活用し、交通安全担当課長を講師にお招きした研修会では、交通事故死者数の約半数を占める高齢者の事故防止について、「夜間の歩行時には、明るい色の服装や、夜光反射材を身に着けることが重要」というお話しがありました。

 

また、飲酒運転については、「二日酔いでの運転にも注意が必要」であることや、車の後部座席については、「事故に遭った場合には、相当な衝撃を受けるので、シートベルト着用の習慣付けが必要」などといった興味深いお話しがありました。

 

参加者は、事故の実験ビデオなどを用いた講師の説明に熱心に耳を傾け、交通事故防止の注意点を改めて認識する有意義な研修会となりました。

 

続きを読む

2016年

10月

16日

第28回桑園地区文化祭

2016年10月16日(日曜日)、桑園ふれあいセンターにおいて、桑園地区連合町内会文化部が主催する第28回桑園地区文化祭が開催されました。

 

ふれあいセンター1階の各部屋では作品展示が行われました。「趣味の作品展」では、水彩画、和紙絵画、絵手紙、絵はがき、折り紙、生花、書道作品、手芸品、写真など、地域の方の様々な作品が展示されました。また、「児童作品展」では、桑園小学校、日新小学校、資生館小学校の児童がつくった、数多くの平面作品、立体作品が展示されました。会場を訪れた方は、それぞれの作品の出来ばえに感心しながら真剣に見入っていました。

 

同じく1階の「喫茶コーナー」では、食生活改善推進員協議会による試食やスターバックスコーヒーイオン札幌桑園店の協力によるコーヒーの試飲が行われ、来場者同士の交流と歓談の場となりました。

 

一方、2階の体育室で行われた「ステージ発表」では、桑の実会の舞踊を皮切りに、共同学童保育所かがやきの子どもたちによるエイサーの踊りの披露があり、次に出演した札幌市立大学吹奏楽部は、少人数の編成ながらアニメの主題歌を中心とした親しみのある曲を演奏し会場を盛り上げました。続いて、桑園小学校開放図書館「くわのみ」による、絵本の世界に引き込まれるような読み聞かせの実演があり、陵北中学校吹奏学部は、どの年代でも楽しめる選曲で会場を沸かせました。さらに、札幌楽吟会による詩吟、花架拳教室による舞踊、アロハ北フラスタジオ「アロアロ」によるフラダンス、札幌岳風会による詩吟と続き、最後に再び桑の実会による民謡、カラオケが披露され、観客から大きな拍手を浴びていました。

 

この日はお天気も良く、子どもからお年寄りまで多くの方が来場し、和やかに楽しく文化に触れる一日となりました。

 

続きを読む

2016年

10月

01日

桑園地区古着・スプレー缶回収事業

2016年10月1日(土曜日)15:30から16:30までの間、桑園ふれあいセンター駐車場において、桑園地区連合町内会保健衛生部と札幌市環境局とが共催して、古着やスプレー缶類の無料回収を行いました。

 

当日は、古着の回収業者とスプレー缶類の回収を行う中央清掃事務所のトラックが1台ずつふれあいセンターの駐車場に停車し、1時間限定での回収を行いました。

 

古着(衣類全般)については、洗濯済みのものを透明な袋に入れて持参すればよく、衣替えの季節に、自宅で不要になった古着を持ち込む方々が多く訪れました。また、スプレー缶やカセットボンベについては、通常は穴を開けてゴミステーションに出さなければなりませんが、この日は、穴開け不要で持ち込みが可能であることから、こちらも多くの方々が訪れました。

 1時間という限られた時間ではありましたが、車や自転車、徒歩で古着やスプレー缶類を持ち込んだ地域の皆さんは約100名にのぼり、トラックが一杯になるほどの盛況ぶりでした。

続きを読む

2016年

9月

27日

桑園地区ごみ減量・リサイクル研修会

2016年9月27日(火)、桑園地区連合町内会保健衛生部が主催する、「桑園地区ごみ減量・リサイクル研修会」が桑園ふれあいセンターにおいて開催されました。

 

このセミナーは、札幌市の「出前講座」を活用し、札幌市環境局環境事業部中央清掃事務所の職員4名を講師としてお招きしたもので、当日は、各町内会の保健衛生担当の役員などを中心に15名が参加しました。

 

セミナーでは、家庭ごみ全般の分別方法や排出方法についての説明のほか、分別された資源物が、その後、どのようにリサイクルされていくのかについて、スクリーンに写真や資料を写しだしながら、講師の丁寧な説明があり、参加者は随時質問をしながら熱心に聞き入っていました。

 

また、説明の後には、ごみ分別クイズ(上級編)として、特に間違えやすい分別についての問題が出され、参加者は頭を悩ませながらも回答し、研修で学んだ事を再確認していました。

 

正しく分別することで、有料回収の「燃えるごみ」や「燃えないゴミ」を減らせると同時に、リサイクル(再資源化)に貢献できることが改めて認識される研修会となりました。

 

続きを読む

2016年

9月

22日

第9回桑園地区親睦パークゴルフ大会

2016年9月22日(木・祝)、秋晴れの汗ばむ陽気の中、「桑園地区親睦パークゴルフ大会」(主催:桑園地区連合町内会地域振興部)を開催しました。

 

桑園ふれあいセンターに集合した57名の参加者は送迎バスに乗車して、薫りの里パークゴルフ場「ゆにっPA!」へ向かいました。今年のコースは、120mのロングホールと、74mの爽快打ち下ろしホールが名物となっている初心者から上級者まで楽しめる戦略性の高いコース設計で、参加者たちは苦戦しながらも、心地よい汗をかきながら楽しくプレーすることができました。

 プレー後は、隣接する『ユンニの湯』に移動し、昼食の後、表彰式を行い、男女別の入賞者、ホールインワン達成者には豪華賞品が、また、残念ながら入賞しなかった参加者にも全員に参加賞が配布されました。その後、出発までの間、歓談や温泉入浴などで親睦を図り、充実した秋の一日を過ごしました。

続きを読む

2016年

9月

11日

第7回ミニ大通お散歩まつりで桑園地区連合町内会をPRしました

2016年9月11日(日)、北4条ミニ大通界隈で開催された「ミニ大通お散歩まつり」(主催:同実行委員会)において、桑園地区連合町内会のPRを行いました。連合町内会がこのおまつりでPRブースを設置するのは今回が5回目になります。

 

この日は、連町広報部員7名が、行事の写真パネルの展示や、桑園の歴史を記した「桑園誌」の紹介、広報誌「マイタウン桑園」の配布などを行いました。

 

来場者の中には、桑園の歴史や連町の取組みについて熱心に聞き入る方もおり、私たちが暮らす桑園のことをより深く知るための良い機会となったことでしょう。

 

<第7回ミニ大通お散歩まつりの詳細情報は、以下のリンクをご覧ください>

 

http://mini.bijyu.net/

 

続きを読む

2016年

9月

04日

第33回桑園地区大運動会

2016年9月4日(日曜日)、「第33回桑園地区大運動会」(主催:桑園地区連合町内会体育部)を開催しました。当日は好天に恵まれ、桑園小学校の広いグラウンドで運動会を開催することができました。

 

桑園地区連合町内会の各町内会が、赤組(第1~10・16町内会)、黄組(第11~13町内会)、白組(第14・15・17町内会)、青組(第18町内会)の4つのブロックに分かれ、参加者は個人や団体の計13種目を楽しみながらも真剣に競技し、今年は白組が優勝しました。

 

競技終了後は、新巻鮭など豪華賞品が当たる抽選会が行われ、当選に歓声が上がっていました。

 

子どもからお年寄りまで約600名が参加し、元気に楽しい一日を過ごしました。

 

続きを読む

2016年

8月

28日

第24回桑園開拓まつり

2016年8月28日(日)11時から、桑園地区連合町内会文化部の主催により、北海道知事公館(札幌市中央区北1条西16丁目)の南西に位置する「桑園碑」の前で、「第24回桑園開拓まつり」を開催しました。

 

明治時代、養蚕を奨励する開拓使は、南1条から北側、西8丁目から西側の地域を桑畑にするため、明治8年に旧庄内藩(今の山形県)士族156人の手によって開墾され、桑苗4万本を植樹されました。これが、「桑園」の由来となっており、この事跡を刻んで建立されたのが桑園碑(石碑)です。

 

桑園地区開拓に貢献された先人への感謝と顕彰、桑園住民の意識高揚、次世代への史実の伝承、住民相互の親睦増進などを図ることを目的に開催されたこのまつりでは、桑園小学校の6年生8名が桑園碑に彫られている陰文を暗唱し、桑園の開拓の歴史を紐解いたほか、参加者(招待者・札幌山形県人会の皆さん・桑園小学校関係者・各町内会役員など170名参加)による献花、献杯が行われました。

 

続きを読む

2016年

8月

14日

第45回桑園地区盆踊り大会(「ミニ夏まつり」併催)

2016年8月14日(日)、15日(月)、桑園地区連合町内会地域振興部の主催により、「第45回桑園地区盆踊り大会」を桑園公園で開催しました。

 

両日とも、15時から「ミニ夏まつり」を併催し、露店では焼きそば、やきとり、冷たい飲み物、かき氷、ヨーヨー、子ども向けのくじなどが販売されたほか、盆踊り開始までの時間には、クリエイティブフレンズや、桑園児童会館の協力による子ども遊びの無料体験コーナーも設けられました。

 

また、今年は、9月11日(日)に開催される「ミニ大通お散歩まつり」(詳細はhttp://mini.bijyu.net/)との連携企画として、「竹あかりワークショップ」も開催されました。

 

盆踊りが始まる前には、特別ゲストパフォーマンスとして、道内で活動するソウルシンガーや、アイドルグループの歌やダンスの披露があり、訪れたファンから大きな歓声があがり、会場は大いに盛り上がりました。

 

15日の夕方に一時雨が降ったものの、両日合わせて1,700名が参加する大盛況の盆踊り大会となりました。

 

続きを読む

2016年

8月

07日

第5回桑園七夕ローソクもらい

2016年8月7日(日)16時から、桑園七夕ローソクもらい実行委員会(連合町内会・各町内会・青少年育成委員会)の主催により、「第5回七夕ローソクもらい」を開催しました。

 

桑園地区内の6つの公園など(大通高校グラウンド・赤い実公園・二中公園・桑園公園・桑の実公園・北桑公園)に児童320名のほか、保護者やボランティアを加え、約540名もの参加者が集まり、23のグループに分かれて、それぞれ6~9軒程度の協力宅を訪問しました。(協力宅を含めると参加総員約670名)

 

協力宅を訪れた児童は、玄関前で提灯とお菓子入れ袋を手に、「ローソク出ーせー出ーせーよ。出ーさーないとーかっちゃくぞー。おーまーけーに喰い付くぞ。」と皆で元気に歌いました。子どもたちの訪問を心待ちにしていた協力宅の皆さんは、思わず笑顔になり、児童一人ひとりにお菓子を配っていました。

 

 日本の伝統的な風習である「七夕ローソクもらい」は、桑園地区内に支社がある「㈱明治」や、「カルビー㈱」からのお菓子の協賛を受け、2012年から毎年開催されており、「人の絆」、「地域のつながり」を深め、安心安全な地域につなげる良い機会となっています。

 

続きを読む

2016年

7月

28日

桑園地区防災セミナー(災害・危機に備えて)

2016年7月28日(木)、桑園地区連合町内会防災防犯部が主催する、「桑園地区防災セミナー(災害・危機に備えて)」が桑園ふれあいセンターにおいて開催されました。

 

このセミナーは、札幌市の「出前講座」を活用し、札幌市危機管理対策室から危機管理対策課長(消防司令長)を講師としてお招きしたもので、当日は、各町内会の防災担当の役員などを中心に22名が参加しました。

 

セミナーでは、地震・風水害・土砂災害などを念頭に、①札幌市の過去の災害事例について、②札幌市の防災対策について、③各家庭で備えておくべきものについて、④自主防災組織についてなど、スクリーンに写真や資料を写しだしながら、講師の丁寧な説明があり、参加者はメモを取るなどしながら熱心に聞き入っていました。

 

また、札幌市で大地震が起きた場合のシミュレーション動画では、冬季の場合は地震発生後2時間以内の凍死者が6,000人以上、厳冬期であれば8,000人以上になる可能性があるとのショッキングな試算結果が紹介されました。

 

最後の質疑応答では、参加者から熱心な質問もあり、熊本大震災など、予期できない災害が発生している現状において、日頃からの備えが重要であることを改めて認識するセミナーとなりました。

 

 参加者には、非常食や防災グッツのサンプル品が配布され、「家庭、マンションや町内会単位での備えの参考にしたい。」との声があがっていました。

 

続きを読む

2016年

7月

10日

桑園ふれあい講座・文化見学会

2016年7月10日(日)、桑園地区連合町内会文化部の主催により、桑園ふれあい講座・文化見学会を開催しました。当日は、あいにくの雨模様の一日でしたが、55名もの参加者が桑園ふれあいセンターに集合し、バスで小樽市内へと向かいました。

 

小樽市金融資料館(日本銀行旧小樽支店)に到着し、ロビーで、資料館の方から説明を受けた後、資料館の館内と、道路を挟んで向かいの市立小樽文学館を見学しました。

 

次に、小樽市総合博物館(運河館)に移動し、小樽の歴史や自然、まちの歩みを知ることができる多数の資料、標本等が展示されている館内を見学した後は、バス車内で配布された小樽市観光ガイドを見ながら、小樽のおいしい店を探して食事をしたり、おしゃれな店で買物を楽しんだりするなど、それぞれが、自由な時間を過ごしました。

 

最後に、小樽新倉屋総本舗に立ち寄った後、おたるワインギャラリーを見学し、ワインの試飲や買物を楽しみました。

 

参加者の皆さんにとって、小樽の文化や自然、歴史に触れる素晴らしい一日になりました。

 

続きを読む

2016年

7月

03日

桑園地区ふれあいレクリエーション(登山)

2016年7月3日(日曜日)、桑園地区連合町内会体育部主催の「桑園地区ふれあいレクリエーション(登山)」を開催しました。

 

今年は、前日から雨の天気で、夜半には雨があがったものの、登山道がぬかるんで滑りやすくなるなどの危険が予想されたため、予定していたニセコアンヌプリ(五色温泉コース)の登山は断念し、当日の朝、集合した参加者に説明を行ったうえで、五色温泉周辺の散策と、交流促進センター「雪秩父」での温泉入浴に内容を変更しました。それでも35名の方がバスに乗り込み、ニセコへと向かいました。

 

ニセコへと向かう途中、天気が回復するかのようにも見えましたが、中山峠からは濃霧となり、ニセコ周辺は、結局一日、小雨模様の天気でした。参加者は、雨があがったタイミングで、五色温泉周辺を散策した後、大自然に囲まれた「雪秩父」で温泉につかり、冷えた体をゆっくりと温めていました。

 

温泉入浴後は、広間で思い思いに食事をしたり、冷たいビールを飲んだりしながら、参加者同士で談笑し、楽しいひと時を過ごしました。

 

続きを読む

2016年

5月

25日

桑園地区連合町内会総会・懇談会を開催しました

2016年5月25日(水曜日)17時30分から、ロイトン札幌(中央区北1条西11丁目)を会場として桑園地区連合町内会総会を開催しました。

 

会場には、193名の役員及び代議員が集まり、平成27年度事業報告及び決算、会計監査報告、平成28年度の事業計画及び予算について審議し、すべての議案が承認されました。

 

また、全議案の承認後、JR桑園駅前への交番設置要望に関する質問があり、連合町内会役員から、『桑園地区連合町内会会長、中央区長、JR桑園駅長、札幌競馬場場長、イオン札幌桑園店店長、市立札幌病院長、桑園小学校校長の連名により、北海道警察本部長あて、JR桑園駅前に交番を設置していただくように、つい先日の5月17日(火)に要望書を提出した。』とのお話しがありました。

 

 総会後は、木内 二朗 中央区長、青山 智則 市民部長らを来賓としてお招きした懇親会を開催し、地域に住む方々相互の交流を深めました。

 

続きを読む

2016年

2月

27日

児童劇観賞会